ファイル共有ソフトの概要

ファイル共有ソフトの概要

ファイル共有ソフトというのを使う機会が最近は多くなりました。

ファイル交換ソフトは、多数および無指定のユーザ交換し、インターネット上のファイルためのソフトウェアです。
ファイル交換ソフトの構造はソフトウェアとともに少しずつ変化しますが、多数が、クライアントによってファイルを交換するP2P(ピア・ツー・ピー)モデルと呼ばれるタイプのものです。

会社の中の通常のネットワークの中でP2Pタイプ・ファイル共有を使用するファイル共有と異なり、ファイルを提供するサーバは必ずしも固定していません。
ファイル交換ソフトによるファイル共有で、ファイルが存在するインデックス情報(ソフトウェアによって呼ぶ方法は異なります)どのコンピューターが必要かそれ、ソフトウェアによって中心に配置された独占使用用のサーバ、あるいは各コンピューター(クライアント)で管理してもちます。

ファイルを維持しているコンピューターはこのインデックス情報に基づいて指定されます。
また、それは直接必要とされるファイルをコピーするメカニズムになりました。
すなわちインデックス情報の共有によって、それは、ネットのメッシュのようにまわりに広げられたクライアントのネットワークです。
また、ファイル共有システムは実現されると言われています。